Top > 動脈硬化にはγ-アミノ酪酸を

動脈硬化にはγ-アミノ酪酸を


■最新・健康モーツァルト音楽療法Part2 CD 【血液循環系疾患の予防(高血圧、心筋梗塞、動脈硬...

 

動脈硬化にはγ-アミノ酪酸と言うあまり聞きなれない栄養素が効果的と言われています。
γ-アミノ酪酸はアミノ酸の一種で、グルタミン酸から体内で生合成され、血管を拡張して血圧を下げ、安定させる働きがあります。血管の収縮緩和や血行正常化、血液中のコレステロールと中性脂肪の増加を抑制する等の作用があり、動脈硬化を予防するのに効果があります。脳内の血管を軟らかくして血管の弾力を保つのにも役立ちますが、加齢に伴って合成量は減少し、動脈硬化の進行に関係があるとされます。

γ-アミノ酪酸には血液中のコレステロールを減らすリトル酸が多く含まれており、動脈硬化や高血圧症の治療にも用いられています。一般的にはギャバ(GABA)と呼ばれ、動植物界に広く存在しており、食物による摂取が望ましく、白米・玄米・ぬか漬物などに含有されていますが、近年では摘んだ茶葉を嫌気状態(酸素のない状態)に置くことによって茶葉中にγ-アミノ酪酸が蓄積される作用を持ちます。そのお茶がギャバ茶やギャバロン茶と言う名称で販売されており、1日3回飲むことで高血圧の人の血圧が低下してきたという臨床結果もあってか、動脈硬化や高血圧症の予防や治療と言った点で注目されてきています。

γ-アミノ酪酸には精神を安定させストレスを和らげる効果もあり、お茶として簡単に摂取できることからも、動脈硬化や高血圧の比較的手軽な対応食物とされています。

 

 ミスセブンティーン滝沢カレン  生理痛の原因と対策  くりっく365  派遣会社
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
動脈硬化と塩分(2009年7月30日)
動脈硬化と喫煙(2009年7月30日)
動脈硬化にお茶を食べる(2009年7月30日)
動脈硬化にはγ-アミノ酪酸を(2009年7月30日)