-動脈硬化の原因と予防

2009年7月アーカイブ

動脈硬化と塩分

| コメント(0) | トラックバック(0)

『カテキンで動脈硬化抑制、ビタミンCで風邪予防、フッ素で虫歯予防など!緑茶の成分を丸ごと摂...

 

動脈硬化と塩分の取りすぎは密接な関係にあります。塩分を多く摂取すると血圧が上がり、血管は破れないように防御するため厚みを増していき、血中の塩分が増えると血中の血小板の凝固性が高まり血栓ができやすくなります。動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こす要因が揃う事で大きな問題が起こります。

塩分が多いと、血液中のナトリウムの濃度が高くなることで細胞内のカリウムの濃度とつりあおうとするため、血液を薄める作用が働き、結果として血液量が増えて血管がいっぱいになり、高血圧となります。カリウムはナトリウムを伴って尿中から排泄する働きを持ち、ナトリウムとのバランスを保つことでナトリウムの過剰摂取による血圧の上昇を防ぎ、動脈硬化を予防する役目も果たします。

日本人は欧米人と比べて塩分の摂取は多く、1日に約10g以上摂取しており、この量を5から7gにすると血圧は下がり始め、動脈硬化や高血圧症の予防や治療には効果的と言われます。

動脈硬化がひどくなると様々な脳疾患や心臓疾患を誘発し、時には死に結びつくことさえあります。自覚症状がないままに病気が進行することから、日頃から食生活に注意を払い、血圧測定や健康診断を定期的に受けることが、動脈硬化や高血圧症と言った成人病・生活習慣病から自らを守る最良の策と言えます。

動脈硬化と喫煙

| コメント(0) | トラックバック(0)

意発 (いはつ)90包【第2類医薬品】動脈硬化、血圧降下、神経痛

 

動脈硬化と喫煙には深い関係があり、喫煙は肺がんの有力因子であるだけではなく、循環器病の危険因子であることもよく理解しておかなければいけません。
タバコの煙に含まれるニコチンは、交感神経を刺激して血管の収縮や血圧上昇を招き、高血圧や動脈硬化の大きな要因となります。一方で、喫煙によるフリーラジカル(不安定で反応性の高い原始や分子)の増加は、その一つである活性酸素を過剰発生させ、動脈硬化を引き起こします。

血液中で増加した活性酸素は血液内壁の内皮細胞を傷つけ、そこにLDL(悪玉コレステロール)が進入することで酸化LDLに変化し、それをマクロファージと言う細胞が異物と認識すると取り込んで膨れ上がり、泡沫細胞となります。そして、コレステロールの分厚い層を作って、血管内壁を狭くすると言うのが、動脈硬化のメカニズムです。

また、NO(一酸化窒素)にはフリーラジカル抑制作用(抗酸化作用)、血管拡張作用、血液を固まりにくくする作用などがありますが、フリーラジカルの過剰発生によりその働きが抑制され、動脈硬化につながります。

喫煙はLDLを増やしてHDL(善玉コレステロール)を減らすことも知られており、動脈硬化や高血圧と言った循環器系の病気に大いに関与します。タバコは百害あって一利なしで、禁煙することが少しでも危険因子を減らすことになるのは言うまでもありません。

 

 生キャラメルの作り方  一人親方の労災保険  小顔ローラー

【畝須ベーコン(ブロック)赤 約150g】最高品質の特上品!動脈硬化の予防にはこれ!懐かしい味...

 

動脈硬化は成人病の一つで、人間ドックや健康診断などで血液検査を行いコレステロール値が高いと注意を促されます。コレステロールは胆汁酸やホルモンの原料として必要です。本来は肝臓を中心に必要な量を体内で合成し、供給する仕組みになっており、動脈硬化を起こしたりすることは、過程上考えにくいとされます。

食生活の欧米化などの影響で外因性のコレステロールの摂取量が増えると、肝臓のコレステロール濃度は上がり、血液中に放出するコレステロールが増加して、動脈硬化や高血圧を引き起こす悪玉コレステロール(LDL)の濃度が上昇します。これによって動脈壁にコレステロールが付着し、動脈硬化を発症します。

動脈硬化を防ぐには善玉コレステロール(HDL)が有効で、お茶を飲むだけでなく食べることによってカテキンやビタミンEなど、お茶に含まれる有効成分を逃すことなく多く摂取できます。

動脈硬化や高血圧の予防には毎日10杯くらいのお茶を飲むことが理想ですが、現実にはそれだけの量を飲むことはなかなか容易ではなく、小さじ2杯分のお茶を食べればそれと同等の効果を得ることができることからお茶の食べ方が工夫されるようになりました。てんぷらの具や衣に使う・茶塩のようにしてふりかける・お茶で煮る・だし汁にする・お菓子に使うなどして、動脈硬化を楽しみながら予防してみてはいかがでしょうか。

 

 アトピーの症状と対策  おかき飲み物無料カフェ  N700系工場見学ツアー募集  岩塩浴

■最新・健康モーツァルト音楽療法Part2 CD 【血液循環系疾患の予防(高血圧、心筋梗塞、動脈硬...

 

動脈硬化にはγ-アミノ酪酸と言うあまり聞きなれない栄養素が効果的と言われています。
γ-アミノ酪酸はアミノ酸の一種で、グルタミン酸から体内で生合成され、血管を拡張して血圧を下げ、安定させる働きがあります。血管の収縮緩和や血行正常化、血液中のコレステロールと中性脂肪の増加を抑制する等の作用があり、動脈硬化を予防するのに効果があります。脳内の血管を軟らかくして血管の弾力を保つのにも役立ちますが、加齢に伴って合成量は減少し、動脈硬化の進行に関係があるとされます。

γ-アミノ酪酸には血液中のコレステロールを減らすリトル酸が多く含まれており、動脈硬化や高血圧症の治療にも用いられています。一般的にはギャバ(GABA)と呼ばれ、動植物界に広く存在しており、食物による摂取が望ましく、白米・玄米・ぬか漬物などに含有されていますが、近年では摘んだ茶葉を嫌気状態(酸素のない状態)に置くことによって茶葉中にγ-アミノ酪酸が蓄積される作用を持ちます。そのお茶がギャバ茶やギャバロン茶と言う名称で販売されており、1日3回飲むことで高血圧の人の血圧が低下してきたという臨床結果もあってか、動脈硬化や高血圧症の予防や治療と言った点で注目されてきています。

γ-アミノ酪酸には精神を安定させストレスを和らげる効果もあり、お茶として簡単に摂取できることからも、動脈硬化や高血圧の比較的手軽な対応食物とされています。

 

 ミスセブンティーン滝沢カレン  生理痛の原因と対策  くりっく365  派遣会社
カテゴリー
更新履歴
動脈硬化と塩分(2009年7月30日)
動脈硬化と喫煙(2009年7月30日)
動脈硬化にお茶を食べる(2009年7月30日)
動脈硬化にはγ-アミノ酪酸を(2009年7月30日)
カテゴリー
更新履歴
動脈硬化と塩分(2009年7月30日)
動脈硬化と喫煙(2009年7月30日)
動脈硬化にお茶を食べる(2009年7月30日)
動脈硬化にはγ-アミノ酪酸を(2009年7月30日)